神社・仏閣

大阪で良縁に出会える縁結び神社おすすめ7選!恋愛パワースポット巡り

大阪で縁結びがしたい!

「大阪で縁結びがしたいけど、どこの神社い行けばいいの?」
そんな疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、大阪で縁結びに御利益があると言われている神社を厳選して紹介します。
今回紹介をする神社は市内にある神社も多く、パワースポット巡りもできるでしょう。

神社の歴史なども詳しく紹介するので、自分がどの神社で縁結びがしたいのかをチェックしてください。

大阪で縁結び神社のおすすめ7選【恋愛パワースポットを巡って運気アップ】

大阪には良縁をつなぐ神様や縁結びの神社が多くあります。1つ1つ丁寧に解説していこうと思います。

歴史ある生國魂神社

生國魂神社

大阪に訪れた人の多くが足を運ぶのが「生國魂神社」です。
「いくたまさん」の愛称で大阪に住む人たちから大切にされてきた神社になります。

創建された年代は不明ですが、紀元前670年頃との諸説があるほど、歴史が古い神社です。
36代孝徳天皇の時代に書かれた文献にもその名前が書いており、飛鳥時代には存在していたと考えることができます。

そんな生國魂神社は日本の神社の中でも特別な神社です。
主祭神は生島大神(いくしまのおおかみ)足島大神(たろしまのおおかみ)になります。

神社内には11もの末社があります。
その中にある「鴨野神社」は鴨野の弁天さんとも呼ばれていて「縁切り」が有名です。
女性のための神社とも言われており、連日多くの女性参拝客が鴨野神社に足を運ばれています。
悪縁を経つことで、良い縁を自分の元に引き寄せることができるとの考えがあり、良縁結びの神社として生國魂神社は有名です。また、神社の鏡内には「崖縁占い(がけっぷちうらない)」という土日のみ営業をしている占いがあります。
ネーミングが気になりますよね…!人生の大きな決断をする際に訪れる方が多く評判の高い占いです。

住所 大阪市天王寺区生玉町13-9
アクセス 地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」から徒歩3分

恋愛のパワースポットと名高い玉造稲荷神社

玉造稲荷神社

大阪には「恋愛のパワースポット」として有名な神社が多くあります。
その中でも、かなりの人気を誇っているのが玉造稲荷神社です。

神社の名前にある「玉造(たまつくり)」の地は大河ドラマ「真田丸」で有名になりました。
大阪の下町の雰囲気が残る玉造には真田丸で地域おこしをする風景も見受けられます。

そんな玉造稲荷神社は大阪城の三の丸にあります。
最寄り駅をJR大阪環状線の玉造駅と勘違いされる方が多いのですが、大阪城の中にあるため最寄り駅は「JR大阪環状線 森ノ宮駅」であると覚えておきましょう。

創建は稲荷神社の総本山である京都・伏見稲荷神社よりも古いと言われています。
紀元前12年ごろに聖徳太子が観音堂を建てそうです。
こちらには諸説ありますが、大阪の土地で古くから大切にされてきた神社であることは間違いありません。

そして、歴史が好きな方であれば大阪城=豊臣秀吉というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?
玉造稲荷神社は豊臣秀吉が信仰を寄せていた大阪城の鎮守社です。
大坂夏の陣で社殿が焼き払われてしまいましたが、息子の豊臣秀頼が再建し、現在鏡内には秀頼の像が建てられています。

玉造稲荷神社には「カグツチノミコト」が祀られています。
火の神様で「情熱の神」とも呼ばれ、お参りすることで恋愛成就の御利益があると言われており、連日多くの参拝客が足を運ばれています。

また、縁結び祈願の絵馬も人気です。
キツネが頬を寄せ合いハート型になっている絵馬は「恋キツネ」と呼ばれています。
実はキツネはつがいになると一生パートナーを変えることはありません。
そのため、キツネのようにずっと添い遂げられるパートナーを見つけたい人や、恋人・夫婦でお参りに来られる方が多いです。

末社には「胞衣塚大明神(よなづかだいみょうじん)」を祀っています。
「胞衣(よな)」というのは、胎児を包む膜のことです。
こちらには秀頼が生まれてきた時の胞衣を祀っており、パワースポットとして人気があります。
また、胞衣塚大明神の前には「縁のひもかけ」があり、こちらにピンク色の真田紐に願いを書き結ぶことができます。
真田紐は真田幸村が秀頼を守るために戦った大坂夏の陣で作った縁のひもです。
紐には幸村の家紋である六文銭が描かれています。

住所 大阪府大阪市中央区中央区玉造2丁目3-8
アクセス JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩5分

縁結びの仏様がいる!?愛染堂勝鬘院(愛染さん)

愛染堂勝鬘院

大阪の天王寺には「天王寺七坂」と呼ばれる古坂が存在します。
その中にある夕日丘にあるのが「愛染堂勝鬘院(あいぞめどうしょうまんいん)」です。
地域の人から「あいぜんさん」の愛称で呼ばれています。

御本尊は「愛染明王」です。
愛染明王は「縁結びの仏様」と呼ばれ、恋愛成就や夫婦和合のお願いを聞いてくれると言われています。
そのため、縁結び祈願をしに全国から多くの参拝客が来られます。いつも多くの参拝客の方で賑わっているのもこちらの特徴です。

創建は593年(推古天皇元年)に聖徳太子が創建した施薬院に始まるとの説があります。
施薬院から勝鬘院に変わったのは、施薬院の中で聖徳太子が「勝鬘経」というお経を講じていたから…との説が有力です。

愛染堂勝鬘院の本堂(金堂)と多宝塔は国の重要文化財に指定されているので是非チェックしてください。
実は、多宝塔が重要文化財であることを知らず素通りをしてしまう参拝客の方も多いため、現地に足を運ばれた方は要チェックです。

また、愛染堂周辺で行われる「愛染まつり」という夏祭りは日本最古の夏祭りと言われており、毎年6月30-7月2日の期間で行われています。
大阪三大祭りの中のひとつなので、この期間に訪れると満喫することができるでしょう。
愛染まつりとお正月のみ愛染明王が御開帳されているので、近くで参拝をすることもできます。

そんな愛染堂勝鬘院が縁結び神社と呼ばれているのは、飲むと愛が叶うと言われている「愛染の霊水」や「愛染かつら」という霊木があるからです。
川口松太郎原作の「愛染かつら」という映画があるのですが、そちらのモデルになった桂の木は縁結びのパワーがあると言われています。霊木の前に立ち、恋人と愛を語り合うことで二人には必ず幸せが訪れる伝説があります。
また、乗り越えられないような困難が二人の前に立ちはだかっても、乗り越えることができるそうです。

住所 大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5-36
アクセス 地下鉄谷町線「四天王寺前夕日丘駅」から徒歩2分

帰りに夫婦善哉を食べるのが鉄則!水掛不動尊(法善寺)

水掛不動尊(法善寺

大阪随一の観光スポットである「なんばエリア」の中心地にも縁結び神社があります。
千日前の通りの中にある「法善寺」です。
別名「水掛不動尊」と呼ばれています。
元々は浄土宗の寺院で、創建は1673年(寛永14年)です。
大阪大空襲の際に、ほとんどが焼失されたのですが、水掛不動尊のみ焼失を免れたそうです。

水掛不動尊と呼ばれる理由は、参拝の仕方が不動尊に鏡内の井戸からくまれた水をかけお願い事をするからでしょう。
現地に足を運ぶと分かるのですが、古くからこちらの不動尊に水をかけてお参りをしてきたため、不動尊はコケで覆われています。
それだけ多くの人がお願いごとをしてきた証ですね。

こちらの不動尊は念ずる人の願い事によってどんな御利益も与えてくれると言われています。
そのため、縁結び祈願をする方も多いです。
また、縁結びを祈願する場合はお仕えの童子の像が2体あるので、そちらの像に水をかけると良いと言われています。
ペアになっているため、男女のカップルに見立ててお願いごとをする方が多いみたい。

法善寺の周辺には「法善寺横丁」と呼ばれる飲食店が軒を連ねるスポットがあります。
そこで食べることができる「夫婦善哉」が美味しいと有名です。
2人分で1セットになっているので、恋人と食べると不動尊にお願いをした願い事も叶いやすくなるかもしれません。

住所 大阪府大阪市中央区難波1-2-16
アクセス 大阪メトロ 御堂筋線「なんば駅」から徒歩5分

初詣で訪れる人多数!実は縁結びにも効果がある大国神社

大国神社
トリップアドバイザー提供

「木津の大国さん」の愛称で親しまれているのが大国神社です。
こちらは金運アップのパワースポットとしてテレビなどで度々く取り上げられています。
実は、こちらに祀られている大国主命は縁結びの神様として有名です。

10月になると出雲大社に神様が集まり、縁結びの会議を開くことをご存知でしょうか?
そのため10月は全国から神様がいなくなるため「神様が無くなる月」で神無月(かんなづき)と呼ばれています。
そんな縁結びの会議を開く神様が大国主命です。

大国主命は、スセリビメノミコトを初めとする多くの女神たちと結ばれていたと言われています。
この話を聞くと、大国神社で縁結び祈願がしたくなる方もいるはず!
大国主命が結ぶ縁は「生きとし生けるものがみな幸せになる」と言われています。

大国神社(だいこくじんじゃ)と聞くと、大阪七福神の大黒様を思い浮かべる方も多いでしょう。
大国神社には七福神の大黒様も祀られており、金運アップの神社としてかなり有名になりました。
また徒歩圏内でいける今宮戎神社と併せてお参りをする方も多いはず。

諸説ありますが、大黒様とエビス様は親子であると言われており、大国神社に行った後に今宮戎を参拝するのが正しい順序とも言われています。
ただ、兄弟説や甥っ子説など…さまざまな説があるため、自分が行きやすいように周るのが良いでしょう。
1月9日~1月11は「大国神社だいこくさん祭り」が開催されており、同時に今宮戎の「十日戎」も開催されているので、大国町の周辺はかなり賑わいます。
「商売繁盛で笹持ってこい」の掛け声がこだまする街中では、多くの屋台などが出店しており新しい年の始まりを感じることができるでしょう。

また、大国神社で有名なのが「種銭」と呼ばれる金運アップの御守りです。
こちらを財布にいれておくことでお金に困らないと言われています。
数々のメディア等で取り上げられ、一時期は品切れになっていましたが、現在は購入できるそうです。

神社の入口にいる「狛ねずみ」に触れると運気がアップすると言われています。
実は撫でる場所でアップする運気が変わるそうです。
俵を撫でると金運、小槌を撫でると食に困らなくなると言われているので、大国神社を訪れた際は是非狛ねずみを撫でてください。

住所 大阪府大阪市中央区難波1-2-16
アクセス 大阪メトロ 御堂筋線「大国町駅」から徒歩2分

恋人の聖地お初天神

露天神社

大阪で一番有名な縁結び神社が「露天神社(つゆのてんじんじゃ)」です。
地域の方からは「お初天神」と呼ばれる神社には、連日沢山の人が縁結び祈願をしに足を運ばれています。
この神社が縁結び神社になったのは、近松門左衛門が書いた「曽根崎心中」のゆかりの地だからです。
曽根崎心中は若い男女の心中物語ですが、実はこちらは本当に起こった実話を舞台にしています。

ヒロインの名前が「お初」という名前であることから、露天神社は「お初天神」と呼ばれるようになりました。
そんなお初天神には、鏡内で永遠の愛を誓い心中をした二人のように強い絆で結ばれることを祈願するカップルが多く訪れています。

露天神社は創建1300年の歴史ある神社です。
昭和47年7月に鏡内で愛に殉じた二人を慰霊するための石碑が建てられ、少しずつ「お初天神」の名前は全国に広がるようになりました。
今では、お初と徳兵祭りというお祭りが周辺で行われるほど有名になり、この日は役太鼓が鏡内を走ります。

そんな縁結びで有名なお初天神に訪れた人が行うのが「恋のおまいり」です。
お初と徳兵は心中をする際、お互いを気にくくりつけて心中を行ったと言われています。強い愛情で結ばれ、永遠の愛を誓った二人のように強い絆で恋人と結ばれたいと願う恋人たちは、お初と徳兵のブロンズ像の前でお参りをすると良いでしょう。
実はお初天神は「恋人の聖地」に選定されています。

神社で購入ができるペアの「えんむすび御守り」や、お初の顔の輪郭が絵馬に施された美人祈願の絵馬を求め、現在では世界各地から参拝客が訪れています。

住所 大阪府大阪市北区曽根崎2丁目5番4号
アクセス 大阪メトロ 谷町線「東梅田駅」から徒歩3分

大阪随一のパワースポット住吉大社

大阪の神社といえば「住吉大社」と言う人が多いほど、かなり有名な神社です。
参拝客数は全国6位になったこともあります。
日本全国に点在する2300社の総本社でもある住吉大社は「日本三大住吉」のひとつです。
第一宮~第四宮の本宮を始め、鏡内はかなり広いのが特徴的です。

また、第一~第四宮は国宝になっています。
住吉大社の歴史は古く、神様の位として最も高い正一位とされています。
国家管理の官幣大社でしたが、現在は「別表神社」に変わっており、日本の神社の中でもかなり特別な神社とされています。

「愛染さんに始まり、天神さんで中をとり、住吉さんで締める」という言葉があるように、住吉大社では「住吉祭」という夏祭りが7月30日~8月1日に開催されています。

住吉大社の見どころは多くありますが、石燈籠や時時計は神社までの道で見ることができます。
また、住吉大社と言えば「反橋(太鼓橋)」を思い浮かべる方も多いでしょう。
この橋を渡ると住吉大社の鏡内に入ることができ、心が洗われるような感覚になる方も多いでしょう。

そんな住吉大社で縁結び祈願を行う人が訪れるのが「侍社(おもとしゃ)」です。
こちらには初代神主と姫神を祀っています。
良縁祈願のおもと人形、夫婦円満の裸雛を授与所で購入しお願いごとを記入して御神前に奉納をすると良縁成就できるそうです。
こちらでお願いをすると神様と人との仲を取り持つ縁結びが叶うと言われています。

住吉大社の名物になっているのが「五・大・力の石守」です。
五所御前の杉樹の近くには石の策があり、その中には多くの小石が転がっています。
石の中には炭で「五」「大」「力」と書かれたものがあり、3つを揃え願い事をしてお守り袋に入れて持ち運ぶことで願いが叶うそうです。
文字はすぐに見つかると思われがちですが、「これだ!」と感じる石にはそう簡単に出会うことができません。
出会ったのであれば大切に保管をしてお願い事を忘れずにしてください!

もし願い事が叶った場合は、自分で同じような小石を探しそちらに炭で「五・大・力」の三文字を書きます。
願いが叶った小石と、自分で文字を書いた小石合計6つを住吉大社に戻すまでが、お願い事の一環です。

住所 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89 •
アクセス 南海本線「住吉大社駅」東出口から徒歩3分

まとめ

いかがでしたか?
この記事では大阪で良縁に出会える縁結び神社を7選紹介しました。
市内の神社が多いので、縁結びのパワースポット巡りもできるでしょう。

大阪で縁結びをする場合は、是非こちらの記事で紹介をした神社に足を運んでみてください。

Sponsored link